腋臭の手術の値段、料金っていくらぐらい?


腋臭の手術の値段、料金っていくらぐらい?

毎年、暑い時期になると、汗もかきやすくあなたの臭いや通勤電車内などによる他の人の臭いも気になるところではないでしょうか。
汗臭いだけなら、制汗スプレーやフレグレンスなどでさわやかさを出すことはできますが、腋臭体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)の人に取ってはその分の対処法では効き目が少なくなります。
そもそも腋臭とは、汗自体に臭いがあるのではなく、脇にある汗腺から出る分泌物を脇の細菌が分解する際に発生する臭いが腋臭になります。
腋臭の原因となる汗腺の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)は3つあり、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)腺です。
この腋臭を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)するのには様々な手段がありますねが、最も効果的な方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)は手術んですよ。
そして、この手術にも色んな方法があって、その手術法により手術にかかる費用が異なってきます。
例えば、腋臭の手術で最も一般的な手術法に、脇の下の皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を数センチ切開し、直接汗腺類を取り除いていく剪除法というものがあります。
この方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で保険適用外ですべて自費になると、おおよそ20万円〜30万円です。
もし、保険が適応される場合には、3万円〜5万円で手術をうけることができるはずです。
保険が適応されるか否かは、手術を受ける病院により大きく違います。
美容外科や美容(見られることが一番の秘訣という説も。
引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)クリニックで手術をうける場合、保険を適応していないところが多いでしょうが、皮膚科(肌の悩みはエステよりも皮膚科に行くべきでしょう)や形成外科で受ける場合だと保険が適応されるところが多いのです。
しかし、中には保険が適応されない病院もあるので、保険が適応されるかどうかしっかり調べてからの方が良いでしょう。
剪除法以外の手術法もあるものですが、保険が適応されていないものが多い為に、全額負担になり、目安としておおよそ15万円〜36万円ほどかかるそうです。
腋臭の手術は高額なものが多いので、予めちゃんと調べてから受けましょう