膝痛が起こる原因とは?


膝痛が起こる原因とは?

膝痛が起こる原因は沢山ありますが、今回は3つ膝痛の原因を紹介します。

1.体重の増加
2.スポーツ
3.姿勢

まず、1つ目の体重の増加という原因ですが、膝は体を支えている部分でもあります。

体重が増えてしまうと、その分、膝への負担は大きくなってしまいます。

よって、膝痛が起きてしまうのです。

体重増加が原因の場合は、とにかく減量に励みましょう。

そして、2つ目のスポーツという原因ですが、ジョギング、山登り、テニスなどのスポーツは、下半身を酷使します。

特に、太ももやふくらはぎ、膝への負担がかなりかかってしまいます。

日ごろから運動して下半身を鍛えていると、膝にかかる負担は軽減されますが、あまりに激しい運動を行った場合、膝痛につながるでしょう。

最後に、3つ目の姿勢という原因ですが、姿勢が悪いと、膝に負担がかかります。

姿勢が悪いと、足の筋肉の働きが低下してしまい、さらに膝への負担が大きくなってしまいます。

膝痛を起こさないように、体重をあまり増やさないように気をつけ、姿勢を正して、日ごろから歩いたり、適度な運動をするように心がけましょう。