高血圧と動脈硬化の関係性って?


高血圧と動脈硬化の関係性って?

ここでは、高血圧と動脈硬化(血糖値、血中脂質、血圧などを測ることで、動脈硬化かどうかがわかるでしょう)の関係性について説明しておきましょう。
高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)も動脈硬化も、どちらも血管についての状態を示した症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)で、生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)から患うになりますね。
高血圧の症状が進行すると、動脈硬化の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)も進行しやすく、さらに高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)の症状を悪化させてしまうという悪循環を引き起こしてしまいます。
そのために、高血圧と動脈硬化(生活習慣を改善するなどして、早めに予防することが大切です)は非常に密接な関係があるといえます。
高血圧とは、血管内の血液にかかる圧力が普通よりも高くなる状態のことです。
高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)になったのであれね血管に常に負担が掛かり、血管の壁が傷つけられたり、柔軟性を失って硬くなったりします。
そみたいに血管が硬くなると、血液がスムーズに流れにくくなり、心臓に負担をかけしまうようになります。
また、血管が傷つけられていくと粥状の組織ができて、動脈を詰まらせてしまい、動脈硬化(生活習慣を改善するなどして、早めに予防することが大切です)の要因となっていくのです。
高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)になる原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)に関しては定かではありませんが、「本態性高血圧」と「二次性高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)」の二種類があるになっているでしょう。
「本態性高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)」は、高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)の患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)の約90%を占め、生活習慣(毎日繭り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)や遺伝的な体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)、その他、ストレス等、環境的な要因が複雑に絡み合って起きていると考えられています。
一方、二次性高血圧というのは、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)や糖尿病など基礎疾患の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)のひとつとして引き起こされていらっしゃるのではないでしょうか。
頻度は低く、高血圧の患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)の約五パーセント程度だと考えられています。
どちらかといえね若い年齢の人にたくさん見られるのでて、精密検査が必要とされる事が多いはずです